and collection

Campbell La Pun キャンベル ラ パン

Campbell La Pun

JP/EN

<AND COLLECTION 正規代理店>
1983年ニュージーランド出身のキャンベル・ラ・パンは、オーストラリア第二の都市メルボルン育ち。

木製パネルやキャンバスの上にスプレーやアクリルペイントで描かれているのは、目に眩むような色とりどりの色彩、広告やビルボードに使われているイメージ。

彼の作品は、都会的なステンジルアートの美しさで表現され、ハリウッドセレブにもコレクターが多数。

ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン等のギャラリーとも契約しており、また「Stencil Art Prize」のファイナリストとして世界で活躍しているアーティスト。
 

 

■CV

 

2022
・TBA(中国/上海)
・Sakura Blossom Spring – Four Seasons Hotel(アメリカ/ワシントンDC)
・Spray Cans by Campbell La PunnNFT Collection – Exhibited by Museum

 

2021
・Pop & Street Hidden Champion – AND COLLECTION(東京/表参道)
・Sakura Hanami – AND COLLECTION(東京/表参道)

 

2019
・Pop Art Now & Then – DTR Modern Galleries(アメリカ/ボストン)

 

2018
・IFF MAGIC JAPAN – Tokyo Big Site(東京/国際展示場)
・Dom Pérignon Plenitudes Dinner Zürich (スイス)

 

2017
・Affordable Art Fair – Lilac Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Stencil Art Prize Finalist Exhibition – Stirrup Gallery(オーストラリア/シドニー)
・The Luxe Life’ DTR Modern Galleries(アメリカ/ボストン)
・Summer Street Art Show’ DTR Modern Galleries(アメリカ/ボストン)
・Affordable Art Fair’ Lans Gallery(香港)
・Another Language – Tram Stop Tokyo(東京/天王洲)
・Pop Journey – Lilac Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Stencil Art Prize Finalists Tour Adelaide(オーストラリア)

 

2016
・Analaart at Cohenhandler(オーストラリア/シドニー)
・After Party’ Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・New York Affordable Art Fair’ Lilac Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Stencil Art Prize Finalists Exhibition’ Sydney Fringe Festival(オーストラリア)
・Asia Contemporary Art Show’ Lans Gallery(香港)
・Emerging to Established’ July, Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Icons Uncovered Presented by Bluethumb – No Vacancy Gallery(オーストラリア/メルボルン)
・Affordable Art Fair – Lan’s Gallery(香港)
・Affordable Art Fair – Lilac Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Asia Contemporary Art Show – Lans Gallery(香港)
・Emerging to Established – Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)

 

2015
・Paste Modernism 4 – aMBUSH Gallery(オーストラリア/シドニー)
・Excess Fumes – Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Stencil Art Prize Finalist Exhibition – aMBUSH Gallery, Sydney(オーストラリア)
・Emerging to Established – Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Downstairs Exhibition – Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Ahhh Tokyo- Galerie Liusa Wang(フランス/パリ)
・Pop Art Now Group Exhibition – Hogan Gallery(オーストラリア/コリンウッド)
・Downstairs Exhibition – Krause Gallery(アメリカ/ニューヨーク)

 

2014
・Groupe 2014 – Galerie Liusa Wang(フランス/パリ)
・Stencil Art Prize Finalist Exhibition – Ambush Gallery(オーストラリア/シドニー)
・365 Birthday Celebration, – Fawn Gallery(オーストラリア/コリンウッド)
・Supanova Pop Culture Expo – Sydney Showgrounds, Olympic Park(オーストラリア)
・Car Why Weee – Tram Stop(東京/天王洲)
・Lawson Menzies Fine Art Sydney Auction(オーストラリア/ケンジントン)
・Sex & Body – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Supanova Pop Culture Expo – Melbourne Show Grounds(オーストラリア/アスコット・ベール)
・Urban Art – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・RAW Melbourne: AWAKENING – Melbourne Pavilion(オーストラリア)
・Photography A – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)

 

2013
・Lost/Found/Reuse – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Doctor Who Exhibition – Artboy Gallery(オーストラリア/プラーラン)
・Paint/Purpose – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Fawn Gallery’s Birthday: Group Exhibition – Fawn Gallery(オーストラリア/コリンウッド)
・CLICK (Photography) 2013 – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Sign Oh Nah Rarr – Little Tengu(オーストラリア/プレストン)
・Open Studio – Habitat Lounge(オーストラリア/コリンウッド)
・Contextulizations: It’s a Race for Space – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Small Works 2013 – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Glitch Moment/ums – Furtherfield Gallery(イギリス/ロンドン)
・Lethbridge Gallery 10000 Small Works Finalists Exhibition(オーストラリア/パディントン)
・Capture The Fleeting (Photography) – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・ (re)-interpreting Portrait – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Fanboy vs. Artboy: Ladies Night – Artboy Gallery(オーストラリア/プラーラン)
・NOW! #3 – Brunswick Street Gallery(オーストラリア/フィッツ・ロイ)
・Doctor Who The Exhibition – Artboy Gallery(オーストラリア/プラーラン)
・Fanboy vs Artboy: Oz Exhibition – Artboy Gallery(オーストラリア/プラーラン)

Originating from Melbourne ,Campbell La Pun’s (b. 1983, New Zealand) paintings wallow in a mash of popular culture from iconic film and so on. His artworks taking us on a dizzying trip through the aesthetics of urban stencil art and crazy world of Japanese sensations.
Using everything from stencils to aerosol and acrylic paint on wood and canvas. Campbell takes us careering through the modern world, his paintings reflecting the dizzying range of motifs, colours and forms that manifest themselves in the pop culture iconography and advertising images of the global marketplace.

ARTWORKS

作品は一つ一つアーティストの手で作り上げられおり、 全く同じものを作り上げる事が難しく“オリジナリティ”がございます。
色の濃淡等に差がある場合がございますので店舗にて実際の作品をご覧頂くことをお勧めいたします。
※下記のオリジナル作品に関するお問い合わせは、お電話またはメールにてお願いします。