and collection

Louis-Nicolas Darbon ルイ- ニコラ・ダーボン

Louis-Nicolas Darbon

JP/EN

フランスのヴェルサイユに生まれ、現在はイギリス・ロンドンを拠点に活動するアーティスト。

活動の範囲はイギリスだけにとどまらず、アート・バーゼル香港2016に参加したことを皮切りに、その後はアメリカ、フランス、スイス、モロッコ、そして日本でもソロショーやグループショーを開催し好評を得てきた。

また高級ホテルや商業施設で壁画を作成するなど、デザインやアートプロジェクトの依頼も引き受け、その活動の幅を広げている。
MARC JACOBS、Louis Vuitton、Christian Louboutin、Burberryなどブランドのファッションハウスで勤務した経験を持ち、アーティストとしてだけでなくインフルエンサーとしての顔を持つ彼は、ファッションとライフスタイル、アートセンスが融合した世界を創造する。
 

 

■CV

 

2021
・Icons – Gasholders(イギリス/ロンドン)

 

2019
・Louis-Nicolas Darbon – Baga06(メキシコ/メキシコシティ)
・Street Art Pop Art – Champop Galerie(フランス/パリ)

 

2018
・Art By Louis Hosted By Wiz Khalifa – Art Basel(アメリカ/マイアミ)
・Beyond Bangkok – So Sofitel Hotel(タイ/バンコク)

 

2017
・Pop Roppongi – Monte Garlo Gallery(東京/六本木)
・Pop Roppongi Remix – D21 Gallery(東京/六本木)

 

2016
・Money Talks – Leontia Gallery(イギリス/ロンドン)
・Art Basel(香港)
・Art Up – Samhart Gallery(フランス/リール)
・Pop Morocco – Sofitel Hotel(モロッコ/マラケシュ)

 

2015
・Run Way – The Exhibitionist Hotel(イギリス/ロンドン)
・Exposed – Graffik Gallery(イギリス/ロンドン)
・Urban Distress – Art Front Gallery(シンガポール)
・Pop Morocco – Bck Gallery(モロッコ/マラケシュ)
・Fashion Art – Samhart Gallery(イギリス/ロンドン)

 

2014
・Exposure – Imitate Modern(イギリス/ロンドン)
・New School2 – Graffik Gallery(イギリス/ロンドン)

 

2013
・Saatchi Young Artists – Saatchi Gallery(イギリス/ロンドン)

Born in Versailles, France, the artist is currently based in London, England. The scope of his activities is not limited to the U.K. He started by participating in Art Basel Hong Kong 2016. Since then, he has held solo and group shows in the US, France, Switzerland, Morocco, and Japan, where he has received favorable acclaim.
He has also taken on commissions for design and art projects, such as creating murals for luxury hotels and commercial institutions.
He has worked in the fashion houses of brands such as MARC JACOBS, Louis Vuitton, Christian Louboutin, and Burberry. Not only an artist but also an influencer, he creates a world where fashion, lifestyle, and art sense converge.

ARTWORKS

色の濃淡等に差がある場合がございますので店舗にて実際の作品をご覧頂くことをお勧めいたします。
※下記のオリジナル作品に関するお問い合わせは、お電話またはメールにてお願いします。