CONTACT US

and collection

Piyatat Hemmatat ピヤタット ハマタット

Piyatat Hemmatat

JP/EN

<&Collection 日本総代理店>
1976年タイ出身のピヤタット・ハマタットは現在、イギリス(ロンドン)、タイで活躍するアーティスト。
ロンドンの芸術大学で大学院を卒業し、アーティスト活動に加え、大学や自身で設立した学校にてアートの講師を行っています。
ロンドンの自然史博物館で彼の作品が永久保存され、またバンコクのマハナコンビル内リッツ・カールトンホテルに多数使用されるなど実績を残しています。
APASMARAシリーズは2010年にバンコクで発生したデモが舞台となっています。政権と国民の間で発生したデモにより、デモ排除のため国が訓隊を派遣し実弾を使用し制圧しました。
実弾の跡をアート内に残しており、「事件を忘れないで欲しいこと、平和を思うこと」が込められた作品です。

Piyatat Hemmatat was born in Bangkok, Thailand in 1976.
At the age of 14 he moved to London to complete his secondary education. He then focused his increasing passion for painting and photography by earning himself a Bachelor’s degree in fine art from City & Guild London art school, followed by a Master’s degree in visual art from Chelsea college of art & design.
Piyatat gained considerable practical experience while working at a design studio in London. In 2007 Piyatat returned home to Thailand and established his own studio. Since then, his photographic explorations have been continually published and exhibited internationally.