and collection

 

Bisco Smith

ビスコ・スミス

ニューヨークを拠点とするコンテンポラリーアーティスト。

グラフィティライター、グラフィックデザイナー、ミュージシャンとしてのキャリアを持ち、瞬間のエネルギーを体現するジェスチャーマークと抽象化されたテキストを特徴とする表現主義への叙情的なアプローチで知られている。

キャンバスから屋外壁画に至るまで様々な形で制作を行なっており、主に白黒で描かれた作品は言葉の集まりだが、言葉を読めなくなるほど抽象化しており、見る人がデザインを味わい、有機的にエネルギーを吸収するように促している。

音楽活動、アート展示、ウォールペイントなど活動の幅は広く、世界中でライブパフォーマンスを行い、NIKE、COACH、adidas、HYPEBEASTといったクリエイティブブランドとコラボレーションを行なっている。

Art Style

自身”Bisc1”の名で、ブルックリンを拠点としてラッパー、クラブDJとして活動していたことから、作品を描くプロセスとしては、フリースタイルラップの原則となる即興、意識の流れを表現している。このスタイルは2011年、LA在住時に、アパートの壁に将来の目標などを書き出して、頭をフルに動かしていた際に音楽をかけたら、本能的に紙にフリースタイルで描き始めたことがきっかけである。音楽とアートは彼のアーティスト人生に欠かせない2本の柱である。

HTG_webimage_06

Skate Board

Bisco_Skate Decks

Skating Board

グラフィティに目覚めたきっかけは、幼少期に始めたスケートボード。もともと、スケートカルチャーが好きだったというビスコ氏。その反骨精神に溢れるカルチャーに惹かれ、グラフィティアートを始めた。当時はスケートボードのロゴ制作から始めたと言う。高校時代にはアンダーグラウンドのヒップホップやグラフィティにのめり込み、DJに転向するきっかけとなった。

 

Biography

Biography

Park City Utah, May 2018 

THE FUTURE IS NOW

ユタ州にあるパークシティはフリースキーアスリートで16歳という若さでこの世を去ったサム・ジャッケンタールの故郷である。彼の功績を讃えるメモリアルアートとして、そして、今日から始まる未来への希望を表現するために制作されたパブリックアートプロジェクトである。こども達はビスコ氏からのアドバイスを受け、思い思いのフレーズを自分色に染めて壁に描いていく。ビスコ氏とグラフィティアートの交流により未来ある若者の自由な発想と夢を豊かにするきっかけとなるプロジェクトとなった。

Washington.DC,September ,2019

IN THIS TOGETHER

Presented by PAINT (RED) SAVE AIDS

PAINT (RED) SAVE LIVESは、エイズ撲滅のための初の世界的なストリートアートキャンペーンであり、世界最高のストリートアーティストたちが、リヨン、パリ、ロンドン、ニューヨーク、ワシントンDC、ベルリンの街をキャンバスに、人々にインスピレーションを与え、世界エイズ対策基金の政治指導者にエイズ撲滅のための資金提供を呼びかける。そのアーティストの一人としてビスコ氏が選出された。

December, 2019

CHAOS VS CONTROL

NIKE Headquarter

オレゴン州ポートランドにあるナイキ本社の内装ペインティングプロジェクト。アメリカのプロテニスプレーヤーとして活躍したジョン・マッケンローのプレースタイルとテニスコートのラインやボールの跳ね返りなどから着想を得たデザインである。ビスコ氏のスタイリッシュでありながらも力強いタッチとアスリートの競技中の爆発的なエナジーを掛け合わせた迫力のある作品だ。

Latest Works

Latest work