and collection

IT'S A LIVING IT'S A LIVING

IT'S A LIVING

JP/EN

メキシコ出身、現在はブルックリンを拠点に活動するアーティスト。

「IT’S A LIVING」は単なるステートメントではなく人生の哲学も兼ね備え、特徴的なスクリプトスタイルは大規模な壁画から、有名ブランドのコマーシャルワーク、ストリートに貼られたシンプルなステッカーまですぐに見分けることができる。
「タイポグラフィの直接的なアプローチは、僕たちの日常生活に疑問を投げかけ、ポジティブなインパクトを与えることを主な目的とした探求の道だった。それは生活するということなんだ。」と彼は言い、
レタリング、タイポグラフィ、カリグラフィによるメッセージの曖昧さにより、見る人と作品の間に継続的な対話を生み出している。

主なクライアントにApple、Nike、Google、TOYOTAなど多くの案件を抱えている。

 

 

■CV

 

2022
・In My Lifetime – GinzaSix Art Wall Gallery(東京/銀座)

 

2021
・ImageText – Mirus Gallery(アメリカ/デンバー)
・Nothing is Without Meaning – hpgrp Gallery(東京/南青山)

 

2020
・Sway – Moberg Gallery(アメリカ/デモイン)
・Art Will Go On – Zberro Gallery(フランス/パリ)
・Memories of Spring – hpgrp Gallery(東京/南青山)
・Nothing Lasts Forever(メキシコ/ドゥランゴ)

 

2019
・Hidden Champion – SEIBU SHIBUYA , AND COLLECTION , Wag Gallery , JOINT Harajuku(東京/渋谷・表参道・原宿)
・Osaka Art fair(大阪/梅田)
・Bloom(アメリカ/デモイン)
・Writing is Painting – hpgrp Gallery(東京/南青山)
・The Name Travels Further Than The Face – JIKINOKO Gallery(東京/代官山)

 

2018
・A Better View(アメリカ/アトランタ)

 

2017
・100 years – +81 Gallery (アメリカ/ニューヨーク)
・100 Years – hprgrp Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Sentience(アメリカ/マイアミ)
・When The Sun Goes Down – Arcade Art Gallery(台湾/ガオシオン)

 

2016
・Sunday Afternoon(アメリカ/ニューヨーク)
・Quest – hpgrp Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Damn(韓国/ソウル)

IT’S A LIVING is not just a statement but it is also a life philosophy for Ricardo Gonzalez, a designer, and artist from Durango México currently living in Brooklyn. His signature script style can be easily recognized from large scale murals to commercial work for some of the biggest brands to a simple sticker in the streets.

The ambiguity in the typographical messages continually creates a dialogue between the viewer and the artwork. “A word is an image” and an image can be interpreted in so many ways, the direct approach of typography has been an exploring path where the main goal is to question our daily living and to produce a positive impact. After all, it’s a living.

ARTWORKS

作品は一つ一つアーティストの手で作り上げられおり、 全く同じものを作り上げる事が難しく“オリジナリティ”がございます。
色の濃淡等に差がある場合がございますので店舗にて実際の作品をご覧頂くことをお勧めいたします。
※下記のオリジナル作品に関するお問い合わせは、お電話またはメールにてお願いします。