and collection

Cyril Kongo シリル・コンゴ

Cyril Kongo

JP/EN

1969年、ベトナム戦争の最中に仏:トゥールーズに生まれる。幼少期の一部をベトナムで過ごし、サイゴン陥落後2年間、母親と共にコンゴ共和国の首都ブラザビルに住んでいたことが彼に大きな影響を与え、後のアーティスト名の一部となる。

17歳にパリで本格的にグラフィティ制作を始める。その後、仏で有名なアーティストグループであるMort Aux Cons(通称MAC)Crewに参加し、パリの壁に積極的にアートを描いていく。

2002年には当時、アーバンアートが破壊行為と見なされていた時代に、それまでの固定概念を覆す仏初のグラフィティフェスティバルである“Cosmopolite festival”を立ち上げ、アーバンアートが主要な芸術であることを人々に普及させる立役者となった。以後、フェスティバルは12年間連続で開催される事となり、アーバンアート、ストリート文化における人々の認識を変え、街にエネルギーを与える行事となった。

地道なアーティスト活動によって、ヨーロッパだけでなく、着実に世界的に広く知られるようになり、プレステージブランドであるHERMESを皮切りにCHANEL,Richard Milleとのコラボレーションを果たした。

 

■CV

2022
・When art meets cars (NFT/ metaverse)
・Feature Artist Fryday – Museum Of Graffiti(アメリカ/マイアミ)
・XXII eme Salon des peintres de l’armée – Hôtel des Invalides(フランス/パリ)
・Cyril Kongo Exhibition – Diamond Genesis(フランス/サン・バルテルミー島)

 

2021
・Art central Hongkong – Step Creation Gallery(中国/香港)

 

2020
・Cyril Kongo on the roof of the Grande Arche (フランス/パリ)

 

2019
・Immortels – Musée WALLHOUSE(フランス/サン・バルテルミー島)
・Never Apologize – Aishonanzuka(中国/香港)
・Les Ephemeres de Cyril Kongo – The Mill(シンガポール)
・kongo x montaigne market – montaignemarket(フランス/パリ)

 

2018
・Chanel Métier d’art Paris(アメリカ/ニューヨーク)
・Kongo (solo show, presentation of the plane) – 8e Avenue Champs-Elysées(フランス/パリ)
・Galerie Byblos of hotel Byblos(フランス/サントロペ)
・Bitcoin – show room Pinel & Pinel(中国/香港)

 

2017
・Love is the answer – Galerie Art Thema(ベルギー/ブリュッセル)
・Kongo chez Barnes(フランス/パリ)
・Les éphémères de Kongo – Rue François Premier(フランス/パリ)
・Vos papiers s’il vous plait (solo show) – La Fabrique Royale(フランス/パリ)
・Applications (solo show) – Galerie Taglialatella(フランス/パリ)

 

2016
・Power of link – Arthema Galerie(ベルギー/ブリュッセル)
・Off the wall – D.Gallery(インドネシア/ジャカルタ)
・Off the wall (exposition collective au musée national de Jakarta) (インドネシア/ジャカルタ)

 

2015
・Mr colorful – Galerie Matignon(フランス/パリ)

 

2014
・Matignon présente “Kongo” – Galerie Matignon(フランス/パリ)

 

2013
・A Stroll in Paris with Kongo – D.Gallery(インドネシア/ジャカルタ)
・J’adore l’art de rue – Ming art gallery(台湾/台北)
・2a Bienal Internacional Graffiti Fine Art – MuBe(ブラジル/サンパウロ)

 

2012
・From Paris with Love – Galerie 28th Février(シンガポール)
・One Love – Central Plaza(中国/香港)
・Ne pas effacer – Galerie Wallworks(フランス/パリ)
・Do Not Erase – G-Dot Art Space(中国/北京)
・Bon baiser de Paris (solo show) – Déjà Vu Gallery(中国/上海)
・Off The Wall Paris – Galerie Wallworks(フランス/パリ)

 

2011
・Off The Wall – Artspace @ Helutrans(シンガポール)
・L’art du graffiti, 40 ans de pressionisme – Grimaldi Foru(モナコ)
・Graff in the City – Opera Gallery(フランス/パリ)
・De la rue jaillit la couleur (solo show) – Galerie Wallworks(フランス/パリ)
・Infamous – The Space Gallery(中国/香港)

 

2010
・Pick it Up – Dragon I(中国/香港)
・Macrew – Galerie Quality Street, Montreuil(フランス)
・The Oven’s Hot – The Bakery Gallery(アメリカ/ニューヨーク)
・Kosmo Art Tour(ベルギー/ブリュッセル)
・Propaganda Revolution – M1nt(中国/香港)
・Wall Street Arts – Salihara Gallery(インドネシア/ジャカルタ)

 

2009
・Street Heart – Tokyo Art Club, Palais de Tokyo(フランス/パリ)
・Le Tag au Grand Palais – Collection Gallizia, Grand Palais(フランス/パリ)
・Mac Hexagonade – Pol’N(フランス/ノンツ)
・Thomas Lélu_Works with Kongo – Galerie Dominique Fiat(フランス/パリ)
・FIAC, Cour Carrée du Louvre – Galerie Dominique Fiat(フランス/パリ)

 

2008
・Infusion(ドイツ/ボーフム)
・MAC Sous le granit de 68 – Kosmopolite(フランス/バニョレ)
・Hip Hop Dôme – Bondy(フランス)

 

2007
・Graffiti & Consumption – Biennale bi-city Hong Kong(中国/深セン)
・Moleskine Citynotebook exhibition(中国/香港)

 

2006
・Moleskine Citynotebook exhibition (東京)

 

2003
・MAC crew – Groeninge Museum(ベルギー/ブリュッセル)

 

2002
・Ombre et lumière – Taxie Gallery(フランス/パリ)

 

2000
・Calli-graff – La Laiterie, Centre Européen Jeune Création(フランス/ストラスブール)

Born in Toulouse, France in 1969 during the Vietnam War.
Spending part of his childhood in Vietnam for the two years after the fall of Saigon and living with his mother in Brazzaville where the capital of the Republic of the Congo, had a great influence on him and became part of his artist name.

He started making graffiti in earnest in Paris at the age of 17. After that, he joined Mort Aux Cons (stands for MAC) Crew which a famous French artist group, and actively painted art on the walls of Paris.

In 2002, at a time when urban art was seen as vandalism, he launched the first graffiti festival in France called the Cosmopolite festival. It overturned stereotypes and showed people that urban art is a major form of art. He became a leading person in spreading the word. Since then, the festival has been held for 12 consecutive years, changing people’s perceptions of urban art and street culture, and becoming an event that gives energy to the city.

Through his steady artist activities, he has steadily become widely known not only in Europe but also around the world, and has collaborated with CHANEL and Richard Mille and so on, starting with the prestige brand HERMES.

ARTWORKS

作品は一つ一つアーティストの手で作り上げられおります。
色の濃淡等に差がある場合がございますので店舗にて実際の作品をご覧頂くことをお勧めいたします。
※下記のオリジナル作品に関するお問い合わせは、お電話またはメールにてお願いします。